企業情報

文字サイズ
文字サイズ標準で見る
文字サイズ大で見る
文字サイズ特大で見る

トップメッセージ

 協和メデックスは 1981年、旧協和発酵工業(現協和発酵キリン)の中で、臨床検査薬・検査機器を専門に扱う企業として誕生いたしました。「人々の健康に誠実に向き合い、新しい価値を臨床検査に提供し、社会的責任を果たしながら成長し続けます」との経営ビジョンのもと、独創的かつ革新的な研究と技術に裏付けられた、研究開発型企業を目指し事業活動を継続してまいりました。
 2018年1月4日より、親会社が協和発酵キリン株式会社から日立化成株式会社に変更になりました。今後は、日立化成グループの一員として、更なる飛躍と成長に向けた、新たな挑戦のステージに臨みます。
 医療技術の進歩、医療ニーズの多様化、個別化医療の進展を踏まえ、病気の治療や予防、そして未病改善への期待など、臨床検査の果たす役割は今まで以上に高まっております。協和メデックスは、日立化成グループの一員としてグループシナジーを最大限発揮し、革新的な臨床検査薬・検査技術の創生を追求いたします。オリジナリティーのある製品を開発し、グローバルに事業展開することによって社会に貢献してまいります。
 臨床検査は人々の命や健康に直結しており、社員一人一人に高い倫理観が求められます。当社は品質、環境安全の確保、社会的要請への対応、コンプライアンスの徹底により、透明性の高い経営を目指してまいります。

2018年1月
協和メデックス株式会社
取締役社長
小野寺 利浩

代表取締役社長 山口 正仁

ページトップへ