アレルギーは何が原因になるの?

ここでは抗体(IgE)が関与する代表的なアレルギーの原因をご紹介します。

抗体(IgE)とは免疫にかかわるタンパク質で、アレルギー体質の指標の一つです。アレルギーの原因物質であるアレルゲン(食べ物、スギ花粉など)が体内に入ると

  1. 体がアレルゲンを異物と判断し-
  2. 抗体(IgE)を生成します。
  3. 抗体(IgE)は肥満細胞という細胞に結合します。
  4. 再びアレルゲンが体内に侵入し、抗体と結合します。
    この時に肥満細胞がヒスタミンなどのケミカルメディエーターを放出します。
  5. このケミカルメディエーターが原因となってアレルギー反応を引き起こします。

*ケミカルメディエーターとは細胞から細胞へ情報伝達する化学物質です。

アレルギー発生の仕組み

アレルギーを起こす主な原因物質(アレルゲン)

アレルギーの原因にはこんなものがあります。(一例)

アレルギーを起こす主な原因物質(アレルゲン)

Caution!

本ページ以降の情報は、国内の臨床検査関係者に対する情報提供を主目的としたものであり、一般生活者に対する情報提供を目的としたものではありません。掲載の情報は弊社販売体外診断用医薬品、分析機器の適正使用推進に寄与するものを主体としており、広告、プロモーションを目的とするものではありません。

あなたは医療関係者ですか?

はい
いいえ(コーポレートサイトへ)